忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 14:50 】 |
第一章 Melior est certa pax quam sperata victoria. -望まれる勝利より確実な平和の方がよい。- 6


フランセスクの、エンドブレイカーになる経緯からマスターを失ってアクスヘイムへ辿り着くまでを描いたSS
『Nec possum tecum vivere, nec sine te. -私はおまえとともに生きていけない、おまえなしに生きていけない-』の、第一章の六話目です。

アンオフィ、オリジナルキャラの発生率が高いです。
また、展開によっては暴力表現・残酷描写・人の死等、暗い部分が存在します。
苦手な方はブラウザバックをおススメします。

オーケー、見てやってもいいぜ!
という奇特な方だけ、続きをどうぞ。














6.

出発の日…。
フランセスクは珍しく太陽が昇る前に目覚めた。
それも、父親と母親…それにティティアナはまだ寝ている夜が明けない朝方。
昨日のうちに纏めた手荷物1つを持って、フランセスクは家を出た。
唯一、己の武器である槍だけは部屋に置いてきた。
フランセスクにとって槍は、狩猟に使う為の…村の為に振るう武器。
それ以外に槍を使う気になれず、手放したのだった。

外へ出ると、まだ朝靄は晴れず人気がない。
フランセスクが村の入口へ向かうと、ふたり分の人影が立っていた。
ランバートと、彼に付き添っていた男だ。
二人はフランセスクに気がつき、ランバートが声をかけてきた。
「へぇ…ちゃんと1人で時間通りに来たか」
「…手紙に…そう、書いてあった…から…」
フランセスクはそういうと、1枚の紙切れを取り出して見せる。
この紙切れは、昨日ランバートと接触した時に彼がフランセスクの服に忍ばせたものだ。
「こうでもしねぇと、村の奴らがお涙頂戴で見送りとかしにくんだろ?そんな茶番、ウザったくて見てらんねぇっての。…それともあれか、村の皆に惜しんでもらってるとこでも見ときたかったか?」
ドンっと強く胸元を押され、フランセスクは後ろに倒れる。
そんなに勢いが無かったことと手で支えたことで、背中と頭は地面にぶつけずに済んだ。
「…ランバート様、そろそろ参りましょう」
昨日もずっと沈黙を保っていた男が、ランバートに向かって低い声で進言した。
「あ?そうだな…。おい、さっさと行くぞ」
そういうとランバートは、村の外へ歩いていく。
続いて男も、フランセスクを一瞥してからその後に続く。
「……」
フランセスクは立ち上がり、まだ靄の残る村を一度振り返ってから
二人の後について、村を出て行った。

日が昇り、村はいつの間にか居なくなっているフランセスクに騒然となる。
ただ1人…ティティアナだけは、兄の無事を祈るように
兄の残していった槍をギュッと握る目を閉じた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第一章、完。
 

拍手[0回]

PR
【2009/09/16 19:07 】 | SS | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<兄、発見。 | ホーム | 第一章 Melior est certa pax quam sperata victoria. -望まれる勝利より確実な平和の方がよい。- 5>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>