忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 14:44 】 |
第一章 Melior est certa pax quam sperata victoria. -望まれる勝利より確実な平和の方がよい。- 1
フランセスクの、エンドブレイカーになる経緯からマスターを失ってアクスヘイムへ辿り着くまでを描いたSS
『Nec possum tecum vivere, nec sine te. -私はおまえとともに生きていけない、おまえなしに生きていけない-』の、第一章の一話目です。

アンオフィ、オリジナルキャラの発生率が高いです。
また、展開によっては暴力表現・残酷描写・人の死等、暗い部分が存在します。
苦手な方はブラウザバックをおススメします。

オーケー、見てやってもいいぜ!
という奇特な方だけ、続きをどうぞ。














1.

西方にある城塞都市。
その中でも、最下層の南に位置する場所。
コンコルディアと呼ばれるその村が、そこにあった。
村は狩猟によって、捕った動物の皮や骨等を細工して上層へと送る。
それによって不足している物資と交換して貰い、生活を保っていた。
その為、村人はほとんどが狩猟者としての腕前を持ち
生まれてくる子供も狩猟の技を教わって育つ。

フランセスクとティティアナの家、カーン家も例に漏れず
二人は幼い頃から狩猟について父親から叩き込まれていた。
フランセスクは、一見大人しくボーっとしている事が多いため
狩猟には不向きに見えた。
しかし、生き物の気配を感じ行動を予測・観察するのは誰よりも上手かった。
逆にティティアナは、そういったことはまったく苦手で
なかなか獲物を捕ることは出来なかった。
しかし、野菜等を育てる事が好きで
育て方も本などから知識を持ってきて独自に品種改良までしていた。
更に、ティティアナは危険に敏感だった。
村を襲おうとしていたバルバの群れを、誰よりも先に気づいたり
慣れ親しんだ森へ行こうとしていた子供を引き止めて
危険なピュアリィが居ると行って見に行くと、本当に居たり。
村の皆は何故判るのか不思議がっていたが
ティティアナの人柄からか、誰も不審がったりはしなかった。

勿論、ティティアナがそれらの危険な出来事を予知できたのは
エンドブレイカーの力のおかげだった。
ティティアナは小さい頃から「空」に…そして、「外」の世界に憧れを…好奇心を持っていた。
その為、彼女はヴァルキリーとして覚醒したのだ。
その力を得てからは、彼女は毎日村の皆の顔を見るようになった。
家族同然の村の皆を守る為、エンディングが見えたらすぐに行動できるように。
勿論、不審がられる覚悟を持ってしていたが
村の人たちは誰もそんな事は思わず、ティティアナの話を聞いてくれた。
しかし、エンドブレイカーの事自体は理解してもらえないとティティアナは理解していたので
彼女はその事だけは言わなかった。
たった一人、兄以外には。

フランセスクとティティアナは、年子として生まれたため
兄妹というよりは双子のような感覚で育ってきた。
その為か、ティティアナはあまり喋らなく考えの読めない兄の事を誰よりも理解できていたし
また、その逆もしかりだった。
ティティアナがエンドブレイカーについて兄に話したところ
フランセスクは、それを理解した。
勿論、フランセスクにはマスカレイドなんてものは見えない。
相手の瞳からエンディングを見ることも出来ない。
しかし彼は、妹の言葉をすんなりと信じてティティアナを手伝うと言った。

たまにマスカレイドに憑かれた動物が出たり
凶暴なバルバやピュアリィが襲ってきたりするが
いち早く気づけるティティアナが居ることで
村は本当に平穏だった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2へ

拍手[0回]

PR
【2009/09/16 18:45 】 | SS | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<第一章 Melior est certa pax quam sperata victoria. -望まれる勝利より確実な平和の方がよい。- 2 | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |